高年出産は、良いイメージでとらえられない事が多いのですが、

実はいいところがたくさんあるのです。

切羽詰まって妊活に取り組んでいる…と世間が見るかもしれません。

でもそんなことないんです。

 

まず30歳を過ぎれば、精神的に成熟しているでしょう。

そのため、ある意味精神的な余裕をもって出産ができるし、育児にも取り組めます。

 

また、年を経るごとに出産するチャンスも限られてくるということは、

逆に言えば妊娠出産に対して取り組みも、真剣さが違うということでもあります。

当然、うまれてくる子に対する思いも強くなりますし、愛情もより深くなります。

 

特にウムリンを服用して授かったおかあさんのアンケートを読んでいると、

その気持ちの深さがよく伝わってきます。

 

高年出産とは逆に、若年初産もあります。19歳以下での出産がそれにあたります。

18歳にもなっていれば身体的な機能として、ほとんど問題はありません。

ウムリンだって必要ない可能性が高いでしょう。

 

ただ、両親とも若すぎる場合、社会的、経済的に自立できていなかったり、

精神的に未熟だったりすることも多いでしょう。

また出産を望んでいない…といった深刻な場合もあるでしょう。

 

もちろん若くして赤ちゃんを出産し、立派に育てあげているお母さんも多くおられます。

ただ、高齢出産の場合、若くして出産する場合とは違って覚悟ができているから

安心してみていられるというメリットはあると思います。

>>梅で妊活【ウムリン】<<